セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

売主は注意!故意に物件価格を値下げさせる不動産

前回の「悪い不動産屋物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけない習慣!」でもお伝えした囲い込み。これだけでも衝撃だったかと思いますが今回はその上を行くさらに悪い事を考える人がいる。ということを知って頂きたくご紹介します。

価格をさげようとする不動産

今回も例題を出します。

物件を公開して数カ月経っても、囲い込みにより買主が見つからないAさん、早く売却をしたい為売れないと焦ります。そこを見計らってB社は「Aさん、このままでは売れません。思いきって価格を下げましょう」と値下げを提案します。

事情知らないのでAさんも仕方なく「この物件は人気がないんだろう」と値下げに同意してします。

ここで疑問なのが、不動産の価格を下げると仲介手数料もその分下がってしまう為、不動産業者も損をするのでは?と言う事です。確かに仲介料は下がります。が、それは実は大した金額ではないのです。

一般に不動産売買における手数料は3%です(あくまで上限なのですが当然の様に上限一杯まで取ってきます。)。ここでは3%+消費税という計算で見てみます。

Aさんの3LDKマンションの最初の売却希望額が4,500万円と設定します。手数料は135万円です。これに消費税を乗せて145万8000円となります。

その後、B社の提案で4,300万円に下げるとします。手数料は消費税込み139万3200円です。

200万下げても7万円の違いだけなんです…。7万円減ったとしても、「片手取引」の140万円よりも「両手取引」の270万円のほうが当然お得だからです。だから法を冒してまで囲い込みをする、それが業界の実態なのです。

売主は200万円も安くさせられるのに対し不動産は人の事も考えず美味しい思いをする。実態なのです…

実は大手不動産会社が一番囲い込みを行っている!?

売り主の立場になってみれば、こんな理不尽な話はありません。自分の大事な物件が不動産会社の利益の為になかなか売れず、挙句の果てに価格まで下げられたのですから。

公正な取引市場に出ていたら、当初の希望の価格で既に売れていたかもしれません。嘘みたいな話ですが実際に横行している事です。

こういった「囲い込み」ですが、驚いた事に大手不動産会社に多いとの事です。もちろん、すべての大手が行っているとは限りませんが、行っているところが非常に多く、この業界では「暗黙の了解」となっているようです。

何故大手が?

「大手ならそんな事しなくても大丈夫でしょ?」と思われるかと思います。その考えこそがドツボで、大手の場合は、名前がある分、強気に出ることもできます。例えば

「Aさんね、私共の会社で売れないんだったら、他のどこに行っても売れるはずがありませんよ。値段を下げてみましょうよ」

と。そう言われると、大手で売れないのでは、仕方がない、不本意だが値段を下げよう。と思ってしまいます。

大手だからと安心して選んだばかりに、とんだ損益を被ることになってしまうのです。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
まずはご連絡下さい!

ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

セルフ型仲介って何?

仲介手数料の仕組み

不動産の基礎知識

物件購入時の注意点

不動産屋さんの裏話

不動産ニュース

人気の記事