セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

おとり看板には注意!

おとり広告とは

「不動産を買いたい」、「借りたい」という時、まずはネットで情報収集という方が多いかと思います。

実際にネットで検索してみると多くの物件が登録されています。(何百万という量です。)

数ある物件を比較検討しながら休日の時間を使って、最良と思われる物件を絞り、不動産にコンタクトを取るわけですが、結構な割合で「もう売れてしまったんです。」「先日来た内見希望のお客さんが決めちゃって」などと言って、あたかも最近決まってしまったような演出をすることがあります。実際にされた方も多いのでは?

これが「おとり広告」と言って特に賃貸物件に多く魅力的な物件を見せ、コンタクトしてきた客を捕まえて別物件を紹介しまくって成約につなげるという手法です。

客がが来ないとお金にならないので、「最初のコンタクト」を勝ち取るための方法がこの「おとり広告」です。

おとり広告は「不動産の表示に関する公正競争規約」により本来は禁止

実はおとり広告は法律により禁止されているのですが、イチイチ調べたりしないのが現状です。

考え方にはなるのですが、物件の探し手に取ってみると、カラの物件で引き寄せておいて時間だけ取られるという直接的なデメリットがある一方、おとり広告を載せているということは、その業者なりの類似物件を確保しているとうことでもあります。

希望物件とは違うが、それに似た条件の物件で満足させる可能性は十分にありますので一概に騙された…とはならないかと思います。

おとり広告は当たり前のように蔓延しているので、購入の意思があれば、「類似物件の紹介を受けられればいいか」という気構えでいる方が楽かもしれません。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
まずはご連絡下さい!

ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

セルフ型仲介って何?

仲介手数料の仕組み

不動産の基礎知識

物件購入時の注意点

不動産屋さんの裏話

不動産ニュース

人気の記事