セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

物件を隠す?不動産業界で絶対にあってはいけない習慣!

今日は不動産業界の悪しき習慣の一つである『物件を隠す』について紹介させて頂きます。

物件を隠すとは…

不動産の役割

まず本来の不動産屋の役割は売主から預かった不動産を、早く・高く・安心して頂いて取引する。買主から依頼された不動産は早く・安く・安心して頂いて見つけてくる

という事。売主は不動産屋を信じて自分の大切な不動産を預けます。しかしその不動産屋が物件を隠したとしたら…

具体的には

例題とします。ある不動産屋が2,000万円で土地の売却の依頼を受けたとします。売主としては売却する以上、少しでも早く売りたいと思います。ですが一つの不動産屋だけではすぐに買主さんが見つからないケースもあります。

良い不動産屋は業者同士がうまく連携し、お互いに物件を紹介し合って、買主を見つけます。すると売主が依頼した不動産屋さんではない別の不動産屋さんが買主を見つけてくれたりするんです。これって売主からすると早く売却出来て嬉しい事ですよね?

一方、不動産業者同士が連携しないケースと言うと、情報を公開せずに物件を隠し、自分だけが儲けたい!となり、結果的に売却が遅れる事になります。

なんで物件を隠すのか?と言う所ですが、これは不動産の仲介手数料のルールが関係しています。

売主と買主の2者が存在しますが、売却を依頼された不動産屋は、仲介手数料として売却時に売主から、物件の3%+6万円を受け取る事が出来ます。

今回のケースだと

2000万円×3%+6万円=66万円(税抜)以内

となります。

また買主も、物件購入時に同様の手数料を購入した不動産に支払う事となります。

ですので、自社で受けた売却依頼を自分のところで購入させれば、売主、買主の両方から手数料を貰う事が出来ます。これを「両手」と業界では呼びます

したがって、買主を他の不動産屋さんが見つけてきた場合は買主さんからの仲介手数料はもらえません。その仲介手数料は別の不動産屋が貰う事になります。これを「片手」と呼びます。

ですから売主から売却依頼を受けた不動産屋は買主も自分で見つけたいというのが本音なんです。

ですので「物件を隠す」という行為が出てきます。業界では囲い込みと言います。

例えば

A社が3,000万円の土地を預かるとします。

B社で、その土地を気に入った為購入をしたいと検討するお客様が現れるとします。

B社は当然ながらA社に物件の確認を入れます。

A社はB社に「その物件はもう売れてしまいます。」(本当はまだ売れてないのに…)と嘘をつく。買主の仲介手数料が欲しい為に。

このような行為を平気で行う不動産屋が多いのです。売主は早く売却したいのにチャンスを失います。

買主も「買いたかったなぁ」と購入のチャンスを失います。

実際のところ誰も得していないんです。

無くしていく事がこれからの不動産業界の宿命

こういった囲い込みによって、売主の物件が売れず、次第に価値も下がっていき、皆が不幸になる…不動産業界の悪しき習慣をなくすことがこれからの課題と言えそうです。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
まずはご連絡下さい!

ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

セルフ型仲介って何?

仲介手数料の仕組み

不動産の基礎知識

物件購入時の注意点

不動産屋さんの裏話

不動産ニュース

人気の記事