セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA
YANEURAのセルフ型仲介マッチングサービスをご紹介

YANEURAはなぜ仲介手数料を下げられるのか?そのカラクリを明かします!

中古マンション購入の前に

YANEURAのサービスをご紹介する前に、まずは不動産を購入する際の手数料に関してお話ししましょう。

中古マンションの購入を考えた時、よく耳にする”仲介手数料”という言葉。

仲介手数料という言葉を知っていても、仲介手数料の意味や相場については良く分からない…という方も多いのではないでしょうか?
今回は、仲介手数料の計算の仕方や相場などをご案内させて頂き、またその節約方法などもお伝えしていきます!

中古マンションの購入をお考えの方は、是非参考にして下さい。

そもそも仲介手数料とはなんぞや?

まず仲介手数料とは、不動産売買や賃貸の成約時に不動産仲介業者に対して支払う対価(お金)の事をさします。
買い主(あなた)が不動産仲介業者を利用し、不動産物件を購入した場合は買い主が仲介業者に仲介手数料を支払います。売り主が不動産仲介業者を利用して売却した場合は、売り主が仲介業者に対して支払います。

これが一般的な流れとなります。このようにして不動産仲介業者は、買主、売主双方から仲介手数料を手に入れることができます。

不動産仲介業者が、売り主・買い主の両方から受け取る取引を「両手(取引)」、売主・買主のどちらか一方から受け取る取引を「片手(取引)」といいます。

仲介手数料には上限が設定されている

不動産売買にかかる仲介手数料は法律により下記のように上限額が定められています。

不動産の売買価格 仲介手数料の上限
200万円以下5%
200万円~400万円以下4%
400万円~3%

400万円を超える物件はそれまでのパーセンテージも3パーセントに変え、6万円をプラスした数字が仲介手数料となります。

仲介手数料の簡易計算式

仲介手数料 = (売買価格 × 3% + 6万円) × 1.08(消費税)
※消費税を入れて、仲介手数料 = (売買価格 × 3.24% + 6.48万円) と表記する場合もある

早見表

ざっくりとしたものになりますが以下参考までに。

物件価格(税抜)仲介手数料の上限(税込)
500万円の物件 22万6,800円
1,000万円の物件38万8,000円
1,500万円の物件55万800円
2,000万円の物件71万2,800円
2,500万円の物件87万4,800円
3,000万円の物件103万6,800円
4,000万円の物件136万800円
5,000万円の物件168万4,800円
8,000万円の物件265万6,800円
1億円の物件330万4,800円

2,000~3,000万円の物件が一般的に人気な為、仲介手数料は70~100万円が目安と思って頂いていいでしょう。

多くの業者が上限いっぱいに設定している

法律では上限が決まっているので仕方のない事かもしれませんが、基本的に上限いっぱいまで仲介料を取ります。

国土交通省告示第1552項・宅地建物取引業法第46条第1項

3,000円の物件なら103万円となり、中古自動車程度なら買えますし、最新家電や家具なんかも一式揃えれる相当の金額です。
いくら必要経費だとはいえ、買う側からすると仲介手数料は少しでも安い方がイイですよね。そうなんです、それを可能とするのが私たちYANEURAです

とてもカンタン!YANEURAのカラクリ

可能とする仕組み

まずお客様より、望む物件の資料を頂きます。(ご自身で調べられた情報や、他社でご検討されている際に頂いたパンフレット等、どのような資料でも構いません)
その資料を基に弊社提携企業の中で、お客様の物件を取り扱っている業者があるかを確認し、その後お客様と不動産をマッチングさせる事によって仲介料の値下げの可能性を実現させます。

インターネットで公開されている物件というのは基本的にどの不動産屋でも取り扱う事が出来ますので御安心下さいませ。

何故そのような事が出来るのか

先述通り、仲介手数料は”売主”と”買主”の双方から支払われる料金です。

不動産仲介の仕事は、契約しなければ報酬が発生しない仕組みです。端的に言えば「同じ物件であれば、仲介手数料を頂戴しない我々と契約して下さい」ということなのです。

「どこの不動産会社を利用しても、その物件を購入することに代わりはない」と考えるのであれば、仲介手数料の安いところから買うのも当然の流れかもしれません。
お客様から仲介料を頂かずとも、売り手から仲介料を頂くことで不動産屋は利益を得るという仕組みです。私共はそういった不動産屋とマッチングさせる事を目指しています。

※例)本来なら100万円×2(売り手と買い手)で約200万円の仲介手数料を受領するところを、買い手(お客様側)を70万円(場合によっては無料や半額などの可能性もあります)にします。利益は減りますがそれでも充分に事業として成り立つ訳です。

物件が売れないと収入になりませんので、お客様からの仲介料を減らしても嬉しく商売ができる。これが仲介手数料を下げる事ができるカラクリです。

どんな物件も大丈夫!

仲介料値下げの仕組みはお伝えしました。ですが、注意点として全ての物件が必ず下がる!と言う訳にはいかない場合があります。
売り手側の事情によってどうしても下げられない事も有ります。

ただし、どんな場合でもYANEURAスタッフは仲介手数料を下げる為の努力を惜しみませんので、まずはご相談下さいませ!

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
まずはご連絡下さい!

ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

セルフ型仲介って何?

仲介手数料の仕組み

不動産の基礎知識

物件購入時の注意点

不動産屋さんの裏話

不動産ニュース

人気の記事