セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA
現地見学で注意したい事!

「賃貸がもったい無い」だけで家を買う人は正しいのか?

◆購入した家は資産?

「家は買ったほうがお得? 借りたほうがお得?」との問いにあなたでしたらどう答えますか?

購入派から一生賃貸派まで“思想信条”はさまざまあれど、「家賃を払うよりもローンを返済したほうがいい。賃貸だと家賃を払うだけ。購入すれば資産になるからできることなら買いたい」と考える人が多いのではないでしょうか?

確かに賃貸を続けている限り、月々の家賃はいつまでも払い続けることになります。ですが購入すれば、たとえローンを組んだとしても、返済が終われば、自分の手元に家が残る。とても合理的に感じられますが、ただそれだけで購入するのは早計です。

「家を買って将来的には資産にしたい」とお考えの方は多いですが、より具体的に「どんな家が資産といえるのか」というイメージまで描けているケースは稀です。

家を買って資産にしたいという方に「では、あなたにとって住まいが資産といえるのは、どのような状況を指していますか?」と問うと、答えられる方は少ないと思います。

このことは実は最も大事なんです。すでに空き家があふれ、今後はさらに人口が減少していく日本では、将来の資産性が確実に保証されている物件なんてありません。

そもそも「資産になる」といっても、貸すときも、売るときも、自分ひとりではできないので不動産会社に依頼しお金を払う必要があります。また簡単に換金することもできません。

それにローンを完済したあとも所有し続けるかぎりは、ずっと固定資産税や、マンションであれば管理費や修繕積立金を払い続けることになります。ローンを払い終われば、資産だけが残ると考えるのは、楽観的です。

当然、低金利が続いているとはいえ、長期で借りれば、ローンの金利分だけでも数千万円に及ぶことになる可能性も忘れてはいけません。

ローンを組むならどう借りて、どう返していくか、自分の資産状況やライフプランをしっかり念頭に置いたうえ、「どういった物件を選ぶべきか」「その物件にどう付加価値をつけていくか」をしっかりと検討することが、住まい探しには絶対に欠かせない作業です。

買ったら終わりではなく、買ってからがスタートです。そこからどうやってその住まいの価値を維持していくかを常に考え、行動していかないと、すぐに資産性を失ってしまうこともありえます。

◆リスクヘッジ

そして、忘れてはいけないのは「予期せぬ出来事が起きたときのためのリスクヘッジ」です。

転勤や病気などで携われない事等も起こりえます。また、結婚、離婚、出産などで必要となる家の広さが変わることもあります。

そのような突然の変化にも柔軟に対応するため、いざというときには速やかに「貸せる」「売れる」という“出口戦略”を立てておく事が必要です。

◆資産となる不動産とは

ここまでで、「自分で一生、住み続けるから関係ない」などと思ってはいけません。

実際そうだとしても、死亡後はその家は誰かが相続することになります。そのときに処分に困るような物件では資産とは言いにくいです。

では、いったい「資産となる不動産」とは、どうすれば手に入れることができるのでしょうか?

まずは、物件自体の資産価値の目減りが緩やかで、管理状況が見えやすい築30年以上の中古マンションが一番、手堅い選択になると思います。

そして出口戦略も忘れてはいけません。キチンと踏まえたうえで、あとは「予算」や「立地」を鑑みて、「広さ」や「物件スペック」を含めて、総合的に納得できる選択をするのが、これからの時代の住まい探しの王道となるはずです。

人生で最も高い買い物となるのが家です。「家賃を払わずに済むからお得」という表面的な理由だけで購入してしまうのは、リスクが高いことを忘れないで下さい。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 物件購入時の注意点
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事