セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA
住宅ローン減税制度の手続きについて

リフォーム前の中古マンションが、なかなか見つからない理由

フルリノベーションを前提とした中古マンション購入では、まず「リフォームされていない未改装の物件」に出会えるかがポイント。

ですが実際に探してみると「リフォーム前の物件」を見つける難しさに直面することが少なくありません。「リフォーム前の物件」がなかなか見つからないのはなぜ? その理由を探ってみましょう。

◆そもそも「リフォーム前の未改装物件」を探したほうが良い理由は?

まず前提として、フルリノベーションを考えている場合、なぜリフォーム済みの中古マンションではなく、「リフォーム前の中古マンション」を探したほうがよいのでしょうか。

大きい理由が「価格」です。

リフォーム済みマンションの価格には、建物の値段に加えて、リフォームにかかった内装工事費用がプラスされている場合がほとんどです。

内装が綺麗になったぶん、未改装物件より価格が割高になっています。

ですが、フルリノベーションで間取りや内装をいちから作り変えるのであれば、現状の内装はいくら古くてボロボロでも問題なし。むしろ「リフォーム前の未改装物件」を選んだほうが、価格的にもエコの面でも賢いマンション購入と言えるわけです。

◆なぜリフォーム前の物件は、市場になかなか出ないのでしょうか?

築20~30年という年月を経た中古マンション。一度もリフォームをしていない状態では設備も古く、建物のあちこちが老朽化し、クリーニングでは落ちない汚れも蓄積しています。リフォーム・リノベーションをするつもりのない方にとっては、こうした物件は「ハズレ物件」ですよね。

ですので基本的にはそのままの状態で売りに出されることは少なく、物件の売主さんや、中古物件を買い取って再販する事業者が、内装をリフォームした上で売りに出すケースがほとんどです。

不動産仲介会社でも「内装の古い物件は好まれない」という意識が強くありますので、こういった物件は積極的には案内しません。

こうした背景から、一般の消費者が自力で物件探しをしても、「リフォーム前の物件」にはなかなか出会えないのが実情です。

◆リフォーム前物件と出会うために

最近は「中古マンションを買ってリノベーション」が当たり前の様になってきていて、住まいの選択肢が少しずつ増えました。

なので「リフォーム前の物件」を求める人も増えています。

じゃあ、そんな物件どこで見つけるの?という事なのですが、効率的にリフォーム前の物件を探すには、物件探しからワンストップでサービスを提供するリノベーション会社に相談することがおすすめです。

築古でリノベーションに向いた家を探していると言えばいかがでしょうか?そういった物件を持っている事も多いので、もしかしたら年代物が見つかるかもしれません。

とはいえリノベーションを前提に中古マンションをお探しであれば、リフォーム前物件を探すよりも、立地のいい適当な中古物件(リフォームされているかは除外して)を見つけて、自分好みにリフォームする方が時間も節約出来て賢いやり方かもしれません。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 物件購入時の注意点
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事