セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

二世帯マンションが人気の理由

親子二世帯の同居スタイルというと、かつては2階建て戸建て住宅の上下階に分かれて住む「二世帯住宅」が一般的でした。

ですが近年は、親子世帯が同じマンション(の隣合せ住戸など)に住む「二世帯マンション」の人気が高まっています。

なぜ戸建てからマンションへ移行したのでしょうか?その人気と共にお伝えしたいと思います。

◆プライバシーを保証しながら同居の安心感を実現

高度経済成長期以降の核家族化進展により、日本でも親子別居の生活スタイルが一般化しました。

ですが近年、高齢化社会の本格化、共働き世帯の子育て問題の表面化(待機児童の増加)などを背景に、大家族生活の良さが再び見直され、親子世帯同居の生活スタイルへの関心が高まっています。

そんな中、親子世帯が同じマンションの隣合せ住戸に住む「二世帯マンション」が提案され、2015年の分譲募集開始以降モデルルームは見学者が絶えないなど、人気を集めています。

二世帯マンションは、親子二世帯が隣同士で住むことを前提に設計されたマンションです。

玄関扉は別々ですが玄関内は室内ドアで仕切られているだけなので、実質的には共有玄関になっています。

なので何かあった時や、ちょっとした用事がある時は互いに声をかけやすい仕組みになっているのが特徴と言えます。親子二世帯のプライバシーを保証しながら、正に「スープが冷めない距離間」や親子同居の安心感を実現したのが二世帯マンションのメリットと言えます。

イメージとしては従来の二世帯住宅が縦だったのに対してマンションは横並びになった印象です。

二世帯マンションは子供世帯が子育て問題で悩むことがあっても、同じマンション内に子育て経験豊富な親世帯が住んでいるので、些細なことでもすぐに相談できるのが魅力ですね。

◆マンションが復活させる日本の伝統的生活スタイル

先述した様に、二世帯マンションの何よりのメリットは、親子二世帯の家族が適度な距離感を保ちつつ、親子世帯ならではの「かゆいところまで手が届くようなコミュニケーションの良さ」と言われます。

普段は親子世帯がそれぞれのプライバシーを守り、それぞれ自分たちのリズムに合った生活をします。

そして子世帯の子供が保育園や病院へ行く場合は、親世帯に孫の送り迎えを頼むのが極めて容易な事になるので子世帯は助かります。

逆に親世帯が病気になった場合、親の看病や介護は子世帯がすぐにできます。高齢者の健康不安の解消にもつながりそうですね。また親の安否確認を外部のサービスに頼る必要もないので節約にもなります。

食材の買い出しなども、子世帯に頼んでまとめ買いすれば経済的だし、定期的に食事などを親子孫の三世代で共にすれば食卓がにぎやかになり、家族の一体感も深まると思います。

この他、隣合せの住戸は基本的に同一設備同一仕様なので、それぞれの家庭を行き来して家事や育児をする際も使い方に戸惑うこともないと思います。

■二世帯マンションのメリットとしては、次のようなものが挙げられます

  • ①居住空間が分かれているので互いのプライバシーを守りやすく、かつそれぞれのリズムで生活できる
  • ②子育て、看病、介護など何かあった場合は互いにすぐサポートできる
  • ③互いに留守などをすぐ頼めるので、旅行などに行きやすい
  • ④二世帯で共有の自家用車を使うことで維持費を安く抑えられる

核家族が伝統的な生活スタイルの欧米では、子供は18歳で親から独立し別居生活をするのが通常です。

親は年老いても子供世帯と同居するケースは稀だと言われます。

それに対して、日本は親子孫三世代同居の大家族が伝統的な生活スタイルでした。その意味では、二世帯マンションは伝統的生活スタイル復活に適した居住形態と言えそうです。

◆おわりに

人気の理由というのはこれらの事から来ています。また、理もかなってます。

もし今後「二世帯マンション」を購入するご予定があればYANEURAまでご連絡下さいませ。

物件がお決まりでしたら弊社が、仲介手数料をお安く出来る様尽力します。お客様の地域にあった最良の仲介業者をご案内させていただきますので、浮いた資金をご家族様の為にお使い下さいませ。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事