セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA
住宅ローン減税制度の手続きについて

住宅ローン減税制度の手続きについて

住宅ローンを利用して物件を購入した場合、住宅ローン減税制度の適用を受けることができます。ただし、制度の適用には、購入した住宅やローンなどについて一定の条件がありますので、お伝えしたいと思います。

制度の概要と確定申告

住宅ローンを利用して住宅の建築・取得、または一定の増改築を行った場合には、年末のローン残高に基づいて計算された一定額が、所得税・住民税から控除されます。

ただし、控除を受けるためには、会社員も自営業者も確定申告で控除の申請をする必要があります

なお、会社員の場合は1年目の確定申告は必要ですが、2年目以降は勤務先の年末調整で還付を受けることができます。

手続きの流れと必要書類

住宅ローン控除を受けるためには、入居した年の翌年に確定申告を行い、源泉徴収票(会社員の場合)や住民票の写しなどの書類を提出する必要があります。また、申告する際には、計算明細書を作成する必要がありますので、早めに申告書などを入手して確認しましょう。

必要書類と入手先

準備するものが先に分かれば。と思いリストをまとめてみました。

必要な書類入手先
給与所得の源泉徴収票勤務先
住宅取得資金にかかわる借入金の年末残高等証明書金融機関等から送付される
控除を受ける人の住民票の写し市町村役場、区役所
家屋の売買契約書の写し本人
敷地の売買契約書の写し本人
家屋の登記事項証明書法務局=登記所
敷地の登記事項証明書法務局=登記所

意外と自分で用意するものは少ないので、必要な物さえ分かっていれば簡単に手続きが出来ます。YANEURAでは仲介手数料を下げるお手伝いは簡単に出来ますが、減税はご本人様しかできないので、この辺りはしっかりと確認しましょう!

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事