セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

物件購入を決め、いざ申し込み!その前に確認を!

購入の最終判断をキチンとする

気に入った物件が見つかれば、購入の申し込みをする前に、希望条件に合う物件か、問題点はないかなど、再度確認をした上で購入の申し込みを行います。舞い上がってしまうが故、怠りがちな点なので、購入の申し込みをする際の注意点などをご案内します。

物件の購入

気に入った物件が見つかったら、詳細な条件について相談します。まず、不動産会社から、物件について知りたい情報を遠慮なく聞き、現地案内時には物件をしっかりとチェックして、気になる点を確認します。その上で不動産会社と相談しながら、購入希望条件を具体的にしていきます。

そして売り主に条件を提示し、購入の申し込みをします。一般的には、購入希望価格や引き渡し希望時期などの基本的な条件を提示することが多いようです。ただし、基本条件以外にも購入の前提となる条件がある場合は、初めから提示することもあります。価格以外にも、例えば中古物件であれば、物件の修理などの要望もあるでしょう。

購入の申し込みと、その後の交渉の流れ

新築分譲物件と中古物件では、この流れが違いますので、それぞれで確認します。

新築分譲物件の場合

新築分譲物件の購入の申し込みは、一般的に現地の販売事務所で行われます。購入の申し込みに当たっては、”申込証拠金”(約5万~10万円程度)といわれるお金を支払うこともあります。

とはいえこの申込証拠金は、購入意向が確かかどうかの確認の為の支払いです。なので契約が成立したときには、手付金や物件の購入代金に充当されますので御安心下さい。

契約に至らなかった場合には、申込証拠金は返還されますが、不動産業者によってはその返還をめぐるトラブルも多いようなので、必ず申込証拠金として授受されたことと、その金額、支払日などが記載された預り証等を受け取るようにしましょう。

中古物件の場合

中古物件の場合、購入の申し込みは「買付証明書」などと呼ばれる書類を作成し、不動産会社を通して売り主に渡されることが多いです。

この買付証明書とは、購入希望価格、代金の支払い条件、引き渡し希望日などの基本的な購入条件を記載し、署名・捺印したもので、「私はこの物件を、こういう条件で買いたい」という具体的な購入希望を伝えた上で、優先的な個別交渉の開始を求めるものです。なお、中古物件の場合は、申込証拠金などの支払いは不要な場合が一般的です。

その後、売り主の本格的な交渉が始まります。売り主も個人なので交渉を誠実に進めていくことが大切です。個別交渉では、互いの条件の違いを調整するとともに、より具体的な条件を決めていきます。

申し込み後の撤回は可能?

結論から言うと、売買契約を締結していない限りは申し込みを撤回することは可能です。購入の申し込みの後に、具体的な交渉を行った結果、各種条件が折り合わないなどの理由から申し込みを撤回したいということもよくあり得ます。この場合、申込証拠金も返還されます。

申し込みを撤回する際に、不誠実な対応をしてしまった場合には、売り主とのトラブルが発生することもありますので十分に注意しましょう。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事