セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

不動産会社に仲介を依頼する時の留意点

住まいの購入にあたって、物件の情報を集めることはとても大切です。
自分でインターネットや情報誌などを使って、個別の物件情報を収集するだけでなく、物件情報や地域の情報をたくさん持っている不動産会社に、物件探しを依頼するのも有効です。先ずはそのサービスに関して紐解いてみましょう

不動産業者が仲介で提供するサービス

不動産会社は、購入希望者の条件に合う物件情報を提供し、その後も、現地案内売り主との条件交渉物件説明契約手続き引き渡し手続きなど不動産取引全体をサポートしてくれます。また、法律や税金などの専門的な分野についても、アドバイスを求めることができます。

売り主との契約交渉を直接行うことは専門的知識を持たないので難しいかもしれませんし、そもそも売主から拒否されるかもしれません。不動産取引のプロである不動産会社が間に入ることで、双方にとって円滑に交渉が進むことができます。是非ここは不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

仲介手数料がかるのはこういった理由からです。

サービス内容の違いを確認する

物件を探してもらう不動産会社を選ぶに当たってはまず、不動産会社の業務を理解して、受けられるサービスの内容について十分に確認することが大切です。

きちんと見極める

仲介業務で提供されるサービス内容について、個々の不動産会社による提供方法などの違いを具体的に確認していきましょう。例えば、あまり積極的に物件情報を提供してくれない、あるいは、サービス内容の説明が「あいまい」「いい加減」であると感じたら、納得できるまで説明を求めてみましょう。その上で自ら信頼できる不動産会社かどうかを判断して選ぶようにしましょう。

必ず購入しないといけない、わけではない!

動産会社は豊富な情報データベースから、物件情報を探すことができます(もちろん他の不動産会社が売却依頼を受けている情報も含めて)。また、自社顧客の売却物件や他の不動産会社との連携により物件情報を提供してくれます。

また不動産会社に物件を紹介されたからといって、必ず購入しなければならないわけではありません。途中で物件探しを中止したり、同時に他の不動産会社に物件探しを依頼することも可能なのです。まずは不動産会社から幅広く情報を集めてみましょう。

希望通りの住まいを見つけるコツ

希望の住まいの条件を不動産会社に的確に伝えることが、購入への近道となります。主に伝えておきたいのは「エリア」「物件の種類」「予算」 「入居時期」です。

希望の条件を伝えたら、その条件が妥当なのかなど、不動産会社からアドバイスをもらいながら、希望条件をより具体的に絞り込みます。条件に合う物件がなかなか見つからない場合は、優先順位の低い希望条件を変更するなどして、物件の範囲を広げることも検討しましょう。
なお、当初の希望条件が明確でないときは、物件情報を見ながら条件を明確にしていくこともあります。この場合は、気に入った物件の条件を整理して、不動産会社に伝えながら希望条件を明確にしていきましょう。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事