セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

家を買う・購入するタイミングは??

人生の中で最も高い買い物と言われているのが「家の購入」です。

「結婚した時」や「子供が生まれる前」、「子供の幼稚園への入園時や、小学校への入学時」など、マイホームの購入には様々なタイミングが考えられますが、実際いつ家を購入することが望ましいのでしょうか?

ここでは、家を購入するタイミング・時期毎における考え方や注意点を紹介しています。

結婚したタイミングで

結婚してすぐに家を購入する場合は、家計の収支状況が安定していないため、住宅購入後の住居費にあてられる金額が見積もりにくい点に注意しなければなりません。

住居費にあてられる金額が明確にならないと、どの程度の物件価格まで安心して買えるのかわからないため、十分に貯蓄をしておくことが重要です。

また、ライフステージが進むにつれて、子供が産まれたり、共働きでは無くなったりと、家庭の状況が変わることも考えなければなりません。ですので、マイホームを購入するのであれば、結婚後の生活費をできる限り細かく見積もって、住居費にあてられる最大の金額というものを明確にすることが大切です。

子供が産まれたとき

マイホーム購入のタイミングで最も多いのが、子供が産まれたときです。これは、子供が産まれたことで結婚直後よりは将来の見通しが立てやすくなり、また、子供の通学なども視野に入れて、そろそろひとつの場所に腰を据えようと思えるタイミングだからだと思います。

ですが注意点もあります。この時気をつけなければならないのは、「どこに家を建てるか」、という問題です。

日常の買い物等もそうですが、子供の通学などで不利になることがならないよう、あらかじめシミュレーションしてから購入を決めると良いです。

子供が幼稚園に入園するとき

次に家を購入するタイミングで多いといわれているのが、子供が幼稚園や保育園に通いだすタイミングです。

子供を預けている間に必要な手続きを済ませるなど、様々な作業がスムーズに行えるようになります。また、子供の人数もある程度決まってくるため、子供部屋の計画も立てやすくなります。

一方で、注意しなければならないのは、結婚したときや子供が産まれたときの購入に比べ、住宅ローンの支払い開始が遅くなることです。

また、旦那さんの年齢によっては、ローンの借入金額が少なくなってしまう場合もあるので、十分に貯蓄をしておくことも重要です。

子供が小学校に入学するとき

子供が「小学校に上がるタイミングで家を買う」、という人も多いです。

子供が大きくなると、進学などのライフプランも立てやすくなり、腰を落ち着けるにはよい時期でしょう。また、入学後に家を購入してしまうと、転校が必要になります。せっかく仲良くなった友達と、別れなくてはいけない、つらい思いをさせてしまいますので、遅くてもこのタイミングまでに家を購入しておくことをお勧め致します。

収入におけるタイミング

一般的に、家の購入価格は年収の6倍程度におさめるのが良いといわれています。

つまり、年収500万円であれば、3000万円の住宅購入が最適です。

しかし、住宅を購入するときに、現金のみで購入する方は少なく、一般的には「自己資金(頭金)」「住宅ローン」を組み合わせて購入を検討する方が多いです。

自己資金の目安は「住宅価格の2割から3割」と言われておりますが、国土交通省の調べによると、分譲戸建て住宅と分譲マンションの、取得世帯の自己資金の平均は約1,000万円前後、自己資金率の平均は35%前後という結果になっています。

頭金が多い方が、住宅ローンの借入額は少なくて済みますから、月々の返済負担や利息負担が軽くなったり、返済期間も短くて済むというメリットがあります。だからといって頭金が貯まるまで購入を待ったり、貯蓄を頭金で使い切るのはベストな方法とは言えません。家を購入するときの家庭の状況を鑑みて最も最適なローンを組むことが重要です。

ただし、収入による購入金額の計算はあくまで目安として、実際にやっていけるかどうかは別途しっかりと検討し、金額を決めましょう。

年齢におけるタイミング

「家を買う年齢は何歳ぐらいが適切なのか?」といった問題は住宅ローンの返済と一緒に考える必要があります。

当然ですが、住宅ローンは早く返したほうが良いと考える方が多いのではないでしょうか。年を重ねる事で収入が減ったり、あるいは無くなる可能性もありますから、そう考えるのは当然の事だと思います。

定年を迎えるまでに払い終えることを前提とするなら、30歳ぐらいでローンを組み家を購入するのが理想的です。

30歳からローンを返し始めた場合、35年ローンなら返済を終えるのは65歳となります。 一般的に定年を迎えるのは65歳頃ですから、安心できる計画であると言えます。

それ以上の年齢で家を購入するのであれば、「頭金」を多めに設定しておきましょう。頭金があるなしで返済金額は変わってきますし、返済期間が長くなればなるほど利息の支払額が大きくなり、トータルの返済金額が高くなります。

「頭金を貯めて短い期間で返すのか、頭金はなくても長い期間で返すのか」このあたりはご家族様で話し合って、最適な計画を立てましょう。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事