セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

物件の下見。プロはここを見る

◆意外と気づかないチェックポイント

下見をしていても気づかない<チェックポイントはたくさんありますので注意をしましょう。

■天井の高さ

一般的な天井の高さは240㎝~260㎝といわれます。

20㎝ってたいした差では無いと思いますが実際に住んでみると広さの感じ方にかなりの差が出てきます。

勿論ですが天井はある程度高い方が圧迫感も少なくなり生活もしやすいです。

高級マンションやブランドマンションにもなると270㎝くらいあったりします。

■景色

窓は南向きで位置も完璧。実際に開けてみると隣の家の人が丸見えだった何てことがあったらいけませんので必ず窓は全部開けて確認しましょう。

ついでに両隣のベランダなどにゴミが散乱してないかも見ます。隣がだらしないと自分の家にまで虫が湧くのでここも要チェックです。

■細長い物件に注意

広さが同じ数字の部屋でも、間取りによっては体感できる広さが変わります。

例えば同じ面積でも、真四角の部屋と、細長い部屋だったら見え方は変わります。勿論真四角の部屋の方が広く見えます。

家具などを置くと更に狭く感じると思いますのでなるべく避けたほうが良いです。

■コンセントの位置

見落としがちなのがコンセントの位置です。

このコンセントによって家具を置く位置が必然的に決まります。延長コードを使う事も出来ますが見た目は悪くなります。

特に古い物件はコンセントの数が少ないので必ずチェックするようにしましょう。

■マンション1階が飲食店

あると便利な飲食店ですが、ネズミが出る心配等があります。しかも発生源が自分ではない為、対策を立てるのが非常に難しいです。

しかも不動産会社によってはこのデメリットをわざと教えてくれない事もあるため、自分で必ずチェックしましょう。

■騒音

近所で賑わっているお店、あるいは施設からどれくらい音が聞こえてくるかなども確かめたほうが良いです。

後々気づくのが、ごみ収集車等が夜中に来た時に、その音で起きてしますというケースです。そうならないためにも、隣の部屋の音だけではなく、外からの音にも注意を配りましょう。

◆納得して購入したい物件が見つかったら

下見も終えて、納得した物件が見つかった後はYANEURAへご相談を。

その物件の仲介手数料をお安くするお手伝いをさせて頂きます。

相談からお手続きまでを全て無料で行わせていただきますのでまずはご相談を!

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事