セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

新築物件のメリット・デメリット

マンション購入。多額のローンを組むにしても、せっかく買うなら新築がいい!という方も多いと思います。中古より新築がいいのは当たり前ですよね。

ですので、メリットだけでなくデメリットもしっかりと抑えた上で購入し、新築ならではのプレミア感を是非満喫しましょう。

◆新築マンションの魅力

やはり最大の魅力は誰も使用していない新品という事ですよね。新築住宅は気持ちの良いものです。

また、住宅の性能も年々向上しています。マンションの上下階の音の問題が無かったり、断熱性能が高い建具が採用されていたり、長持ちする様々な工夫が凝らしてあったりします。また新築マンションは、買うタイミングによって、最新の設備のトレンドが反映されている点も魅力の一つですね。

新築はコンクリートが高強度になっていたり、耐震基準が最も新しい基準で建てられていることも大きな安心の一つです。

日本では大震災がある度に、耐震基準が見直されています。そして住宅の基準が段々と厳しくなると同時に、建築会社のコンプライアンスも高まっているため、これからは益々安心できるといえます。これも魅力ですね。

そして、近年最も注目されている「省エネルギー対応」をはじめ、設備品機器も最新のものが採用されているということも大きな魅力です。

現在の省エネ設備は高性能で、光熱費の節約も非常に期待できます。

また、スマートハウスと呼ばれる、エネルギーを自ら生み出し、コンピューター管理するような最新鋭の住宅等は新築でなければできないことだと思います。

その他、ローンの面でもお得はあります。中古物件に比べると、住宅ローンを組む際の銀行の評価は高く、担保価値が高いために、ローンが組みやすいということもあります。

そして、2014年から始まっているすまい給付金です。中古では売主が個人の仲介物件は支給されない等の要件がある中で、新築(50㎡以上)の場合は給付金の対象になります。

給付額は都道府県民税の所得割額によって左右されます。

◆新築物件のデメリットは

新築が良いと思いますが、新築しか検討しないというのも少々考えものです。

中古マンションと比べて新築にはどんなデメリットがあるということもしっかりと押さえておきましょう。

■資産価値が購入価格から大きく下がる

新築物件は「新築」というプレミアが付いている分、通常は契約書にサインをしたと同時に中古になり、後々、売却などをする際に、値下がり幅は新築で購入した方が大きくなります。

■立地は中古の方が良い

日本のように経済が成熟した国では、一般的には、良い土地には既に建物が建っているというケースがほとんどです。

もちろん、再開発された場合や新しい駅ができてこれから発展するというようなことはあるとしても、既に大きな都市や街が形成されている地域では、建替えでない限りはその地域の最も良い立地に新築が建つことは稀です。

純粋に立地だけを比べた場合は、新築よりも中古の方が選択肢が広がるのは確実です。交通や買い物の利便性の観点で、周辺の中古物件も合わせて検討されるのもいかがでしょうか?

■中古マンションに比べて消費増税の影響が大きい

2017年現在の消費税は8%です。消費税は土地の価格にはかからず、建物の価格にだけかかります。

そしてこの消費税は売主が不動産会社・建築会社など法人の場合のみにかかるため、売主個人の場合が多い中古マンションは、そもそも消費税がかかりません。

万が一不動産が売主の中古マンションだとしても売値が低い中古物件は新築に比べて、消費税の影響は少ないです。

一方、新築マンションの売主は法人である場合がほとんどですので消費税がかかります。建物が新築のため、総額に対する建物の価格の割合が高くなり、消費増税による影響も大きくなります。

ほかにも、一戸建ての注文住宅やリノベーション前提の中古マンション購入等に比べると、建築前の新築マンションであっても間取りを自由にできる物件が少ないといったデメリットがあります。

そして、住設機器や内装仕様等を変更する自由度も低く、限られたオプション仕様を選ぶ程度しか変更できない物件がほとんどです。

◆デメリットを理解した上で購入をする事

このようなデメリットを考えたうえでも、やはり新築マンションには新築にしか無い魅力に満ち溢れています。

単に建物や内装や住設機器が新品であるということだけではありません。

生活感の全くない真っさらな家に、一つずつ自分の好きな家具や飾りや小物等で彩り、家を作り上げていくのはとても楽しいです。

また、家族との新しい生活の中で、思い出と共に刻まれていく傷や汚れすらも、愛着のある住まいとして心に残って行くことでしょう。

そして新築マンションの場合は既にに出来上がったコミュニティに一人で入るより気遣いが少なくて済むのも、メリットと感じる方もいるかもしれません。

もちろん似た環境には、家族構成や年代も近い場合が多く集う傾向にあり、そういう意味では友だちづくりにも一役買うことと思います。

まっさらなマンションとまっさらな人間関係を得て、少しずつ自分色に染めていく楽しみは、新築だからこそ得られる価値の一つです。

また、購入したい物件が見つかりましたらYANEURAまでご連絡下さいませ。

中古、新築に限らず、物件の3%かかる仲介手数料を少しでもお安く出来る様、ご協力させて頂きます。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事