セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA
現地見学で注意したい事!

リフォームとリノベーションは何が違う?

最近、TVや雑誌などで「リノベーション」という言葉を耳にする機会が増えましたが、「リフォーム」と違うの??と思われるかと思います。

実際この違いをご存じの方は少ないのではないでしょうか。特にこれからリフォームを検討している方にとっては、リノベーションとの違いは気になる問題だと思います。ですので今回はリフォームとリノベーションの違いについてご紹介したいと思います。

◆リフォームとは

リフォームとは、内装をちょっと変えてみたり、設備を新しくしたりすることを指す場合が多いです。床や壁のクロスの張り替えや、水回りの設備の取り換えなどは「リフォーム」と呼びます。

また、増築など大規模な改修にも利用される言葉のため、住まいの修繕全般を表す言葉といえます。

リフォームは、どちらかというと「老朽化したものを新しい状態に戻す」という意味合いが強く、機能の回復として使われることが多いです。

例えばカビが生えたお風呂場をきれいにしたり、トイレの便座を節水ができる最新機種に入れ替えたりしたい。それが「リフォーム」です。

余談ですが、「リフォーム」は和製英語になります。

日本語的な「リフォーム」の意味を表したい場合は、「remodel」になります。

リノベーションとは

一方でリノベーションは、住む人の趣味嗜好やライフスタイルに合わせて中古物件の性能やデザインを刷新するときに利用される言葉です。

住宅本来が持つ良さを活かしながら、大胆な工事を加え、まったく新しい機能や性能を追加します。新築のときよりも価値が高まるようリノベーションするケースが多いです。

リノベーションでは、住宅の構造躯体だけを残し、設備や間取りなどはほぼすべて作り変えます。そのため、新築同様の内装を手に入れることができ、中古物件であることを感じさせません。

なので最近は中古物件を安く購入し、自分好みにリノベーションする方が増えています。自分が希望する間取りや費用の新築物件を探すよりも、中古物件を自分好みにリノベーションした方が、費用を安く抑えられるケースが多いからです。

なので住みたいエリアに良い新築物件が見付からない場合は、中古物件のリノベーションを検討するのも有りです。

ただしここで注意したいのが、中古物件の中には現在の耐震基準に沿って建てられていない住宅もあるため、リノベーション用の物件選びは慎重に行う必要があります。

リフォームとリノベーションの違い

この様に、リノベーションはリフォームの考え方の1つとしても捉えることは出来ますが、この2つには厳密な定義や線引きがありません。

そのため、言葉の使い分け自体も非常に曖昧で、区別がしづらくなっています。 ですが、基本的には「工事規模」と「性能」の点から区別されているようです。

例えば、壊れたユニットバスの入れ替えや最新のシステムキッチン導入など、設備の変更や修繕や、外壁の塗り替えなどの小規模な工事はリフォームにあたります。

一方、排水管や水道管を変更してトイレの位置を変えたり、壁を取り壊して間取りを変えたりする比較的大規模な工事はリノベーションです。 性能の違いでは、新築時の性能を基準として考えます。新築時と同等のレベルにする工事はリフォーム、新築の時以上の性能になる工事はリノベーションです。

◆最後に

リフォームとリノベーションは、工事の規模、そして性能の違いによって用途が分けられていますが、厳密な違いは定義されていません。

リフォームでは原状を回復するだけだったのに対し、リノベーションは住まいに新たな価値を与え、かつ自分らしい住まいを実現するためのスタイルであると言えます。

今後、自分らしい住まいを手に入れたいと考えたときは、リフォームとリノベーションのどちらを行うべきかよく考えましょう

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事