セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

ワンステップ上の暮らし、デザイナーズマンションの特徴を知る!

デザイナーズマンション

まずデザイナーズマンションとは、デザイナーが拘って設計したマンションの事です。

実は法律的に、デザイナーズマンションの定義というのはありません。なので、不動産会社が「この物件はデザイナーズ物件です。」と言えば、それはもうデザイナーズマンションになります。

デザイナーズマンションでも中身はいろいろ

デザイナーズマンションだからといって、部屋の全てがデザインされているわけではありません。

部屋はいかにも!なのに風呂場は普通というものもよくあります。それと勘違いしやすいのが、デザイナーズマンション≒コンクリート打ちっぱなしというイメージです。打ちっぱなしではなくても、デザイナーが拘って作った家であれば何でもデザイナーズマンションになります。

特徴

やはりデザイン重視の建築物なので、トイレが部屋の横にあったり、キッチンが変な場所にあったりと、生活動線が良くなかったりします。

また窓が大きすぎる、あるいは壁一面がガラスなどでプライバシーが守られない等のデメリットがあります。

構造的な強度や品質は普通のマンションと変わりませんが、そういう不便な部分に拘りを持ったデザイナーズマンションも存在します。

デザイナーズマンションのメリット

お洒落

やはり一番は「オシャレ感が凄い!」という事でしょう。

部屋もそうですが、デザイナーズマンションの場合は大抵エントランスや廊下もお洒落に造られている事が多いです。

コンクリート打ちっぱなしの場合

コンクリート打ちっぱなしの場合は遮音性がすごく高いのもメリットです。コンクリートなので音が響かないです。とはいえ、窓の施工が簡易的だと、そこから音が漏れてきますが…。二重サッシの場合はこの心配もありませんので、住むのであればチェック項目の一つとなります。

隣人トラブルなども少ない可能性が高い

コンクリの場合は上記の通り、音がしないのでそもそも騒音トラブルになりにくいという事。そして、デザイナーズマンションに住む方は比較的、金銭的に余裕がある方です。当然隣人も同じような状況の方が大半なので、心にも余裕があります。なのでコンクリじゃない場合でも、余程騒いだりしなければ、隣人トラブルになることは少ないのでは無いかと思います。

通常ではあり得ないような間取りが選べる

もの凄く広いリビングや高い天井は勿論ですが、スピーカーが壁全体に埋め込まれているケースもあります。なので音楽を掛ければ部屋全体から聞こえてくる、そんなお洒落な事を楽しめるのも醍醐味です。

デメリットも当然ある

コンクリート打ちっぱなしの場合

打ちっぱなしの場合、コンクリートの特性からして、夏は熱気がこもりやすく、冬は暖まりにくく寒くなります。ただし、外断熱RC住宅の場合は断熱材で覆われている為快適です。ここもチェックポイントです。

生活動線が悪い

デザイナーズマンションの場合、お洒落を重視し過ぎていて、はじめは良いかもしれませんが、慣れてくると生活がしにくくなる可能性が高いです。前述しましたが、キッチンやトイレが変な位置にあったり、お風呂はガラス張りだったりします。

住み方次第

考え方によってはデメリットはないと捉える事も出来ると思います。遮音性が高い事や個性的なライフスタイルを送る事が出来るので、決して住みにくいものではありません。是非自分に合う物件を探されてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、今この記事を読まれているという事は物件探しをされている、もしくは検討されているかと思います。

お気に入りの物件がみつかりましたら、YANEURAまでご相談下さいませ。仲介手数料をお安くするためにお手伝いをさせて頂きます。

ご相談も取り次ぎも全て無料ですのでお気軽にご連絡下さい。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事