セルフ型仲介のマッチングサイト ヤネウラ

0120-210-387
※営業 平日10:00~19:00

セルフ型仲介のマッチングならYANEURA

人気のデザイナーズマンション。購入前に必ず確認したい点!

昔はオシャレなデザイナーズマンションと言えば、生活感を極力排した個性的で無機質な物件を指していました。

ですが最近では、使い勝手を考慮して居住性を高めた物件が主流となりつつあるようです。

しかしながら、特殊な要素の多いデザイナーズマンションには、購入前にぜひチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

建築デザイナーの世界観を表現した「作品」がデザイナーズマンション

居住性を高めた物件が増えているとはいえ、やはりデザイナーズマンションは、デザインありきの住まいです。

実用性よりはデザイナー自身のコンセプトや雰囲気を表現した「作品」としての価値に重きが置かれています。

「天井が高い」、「窓が大きい」など、従来の住宅にはない空間デザインやスタイルへのこだわりを楽しめれば、豊かな気分で暮らすことができます。

それがデザイナーズマンションの魅力です。

立地で価格が変動するデザイナーズマンション

新鮮な魅力に満ちたデザイナーズマンションは、ケースによってデメリットもあります。

当然ではありますが、こだわりの多いデザイナーズマンションは、一般的な規格の住宅よりも建築コストがかかるため、家賃や分譲価格は高めに設定されていることが多いです。

ですが、都心から多少離れたエリアや、築年数を経た物件の場合は一般的な家賃や販売価格との差は無い事も多いです。

立地が一番ですね。

コンクリート打ちっぱなしのメリット・デメリット

デザイナーズマンションの代名詞と言えばやはり「コンクリート打ち放しの壁」ですね。

断熱処理が十分でない場合、夏場の暑さや冬場の寒さ、結露などの問題が生じます。

また直射日光や経年劣化が原因での外壁のひび割れなどで、長期的には特別なメンテナンスが必要になる可能性が出てきます。

もう一つ、釘穴が開けにくいので、手すりの取り付けなど、追加工事に多少の手間がかかります。

長く住む事を考えると不便に感じるかもしれません。

窓・照明のメンテナンスの重要性

デザイン重視の設計上、高い場所に大きな窓があるような場合は、掃除などのメンテナンスがしにくく、カーテンも特注しなければならない場合もあります。

空間演出を優先した結果として照明器具の配置が少ない場合、生活に必要な明るさが得られないことは結構多いです。

吹き抜けスペースの開放感は確かに魅力ですが、照明器具や窓の位置が高い事が多いので、電球の交換や掃除、清掃がしにくいこと、また、デザイナーが照明器具等にもこだわっていると、交換用の製品が売ってない…なんて可能性もあります。

デザイン性と住みやすさとの歩み寄りがカギ

「生活感の無さ」が売りではありますが、「生活のしにくさ」とイコールしています。

デザイナーズマンションでは、洗濯物の室内干しスペースや、収納スペースがほとんど無いこともあります。こういった点は住んでから気がつくことが多いのでご注意下さい。

ガラス張りの浴室は、見た目も美しくオシャレですが、反面、汚れが目立ちやすいことが日常的なストレスになる可能性があるのでここも気を付けて下さい。

今回お伝えしたような点を確認した上で注意深く物件を選ぶことで、「居住性」も備えた物件に出会うことができるかもしれません。

仲介手数料を軽くしてみませんか?
物件がお決まりの方はご連絡を! まずはお問い合わせから!仲介手数料を下げるまたとないチャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます!

  • 不動産の基礎知識
  • ポイント1 物件の手数料は下げられるのか?
    まずはご連絡下さい!

    ご質問、ご意見は勿論、業者紹介に関してもコチラよりお問い合わせください

    セルフ型仲介って何?

    仲介手数料の仕組み

    不動産の基礎知識

    物件購入時の注意点

    不動産屋さんの裏話

    不動産ニュース

    人気の記事